臨床?開業? より充実した医師人生を歩むために

臨床?開業? より充実した医師人生を歩むために

医師は生涯現役で長期にわたって活躍できる職業です。そこで、医師人生をもっと充実したものにするために、自身のキャリアデザインについて主体的に考えてみませんか? 

在宅医療や総合診療医へのニーズが高まる

医師は日々の診療、研究、手術などに取り組むことでスキルを積み上げ、キャリアアップをめざします。

医師のキャリアを取り巻く近年の環境に目を向けると、急性期病院が減少を続ける一方で在宅医療が求められるようになっていることが特徴的です。このほか、広い守備範囲を誇る総合診療医へのニーズの高まりも見て取れます。

医師のキャリアを大きく分けると、大学の中で専門領域のスペシャリストとなるか、経験を積み、地域の臨床医として貢献するかに分けられます。

専門領域のスペシャリストとしてのキャリアを歩む場合、「研究を極める」「専門性を高める」という方向性のほか、臨床外のビジネス分野に進むケースもあるでしょう。

一方、地域の臨床医としての道を選択した場合は、多くの場合はいずれかの施設の勤務医となるほか、一部の医師は開業を志すことになります。

年代別 医師のキャリア形成

一般的な職業と同様に、医師の場合にも年代によって考えるべきキャリアプランが異なります。ここでは、医師が充実したキャリアを歩んでいくために、それぞれの年代が意識すべき姿勢についてまとめました。

20代「専門性を高める」

20代は医師として独り立ちするための基礎力を身に付ける重要な時期です。最前線の医療現場で知識を吸収して経験を積み、専門性を高めていく姿勢が求められます。

30代「自身の価値を高める」

いずれかの専門医として症例を積み、自身の価値を高める時期です。開業を検討する場合、30代後半から準備をする医師が多いようです。

40代「転職に有利」

医師としてもっとも多忙な時期です。成果を残せば残すほど院内での評価と信頼が高まります。また40代は転職に有利な時期でもあるため、主体的にキャリアについて考えてみると良いでしょう。

50代「後進の育成も視野に」

病院内でのマネジメントの役割を与えられ、医師としてもっともクオリティの高い仕事ができる年代です。後進の育成も視野に入れて活躍している医師が多い世代です。

60代「キャリアの集大成」

60代は医師としてのキャリアの集大成です。どの病院でいつまで働くのかを考えながら働くことが求められるでしょう。また引退後のセカンドキャリアや老後の生活について本格的に考える時期でもあります。

まとめ

医師は日々研鑽を積むことで活躍の場を大きく広げられる職業ですが、患者が求める医療の形は年々変化しています。今後どのような医師になりたいのか、そして、そのためにはどのような専門性が必要なのかを一度立ち止まって考えてみる必要があるかも知れません。

キャリアに関する悩みや不安をお持ちの方は、現役の医師やキャリアアドバイザーとも交流できる当サイトの掲示板で相談してみませんか?

\ドクターの悩みや考えを共有する掲示板/

掲示板はこちら

RECOMMEND

おすすめ記事

2020.09.23

ドクターの生き方ではなく、私の生き方を

現在、勤務医の平均年収は1,200万円以上と言われています。一方、国税庁によるとサラリーマンの平均年収は400万円前後ですから、…

2020.09.23

~研修医の事例に学ぶ~ 多忙な医師の資産運用

読者の皆さんは、銀行預金にもリスクがあると考えたことはありますか? 仮に天災が発生し、ハイパーインフレが起きた場合、貨幣価値はあ…

2020.09.25

第4回「ドクター大喜利」グランプリ!(終了)

大好評の「ドクター大喜利」グランプリ。第4回大会をここに開催します。 医師だけでなく、看護師や事務職の方の応募も大歓迎! 編集部…

RECOMMEND

おすすめ記事

2020.09.23

ドクターの生き方ではなく、私の生き方を

現在、勤務医の平均年収は1,200万円以上と言われています。一方、国税庁によるとサラリーマンの平均年収は400万円前後ですから、…

2020.09.23

~研修医の事例に学ぶ~ 多忙な医師の資産運用

読者の皆さんは、銀行預金にもリスクがあると考えたことはありますか? 仮に天災が発生し、ハイパーインフレが起きた場合、貨幣価値はあ…

2020.09.25

第4回「ドクター大喜利」グランプリ!(終了)

大好評の「ドクター大喜利」グランプリ。第4回大会をここに開催します。 医師だけでなく、看護師や事務職の方の応募も大歓迎! 編集部…